現在位置

ホーム > コース案内 > サタデーコース タートルクラス


サタデーコース タートルクラス

年間スケジュール・教育イベント情報

サタデーコース について

このコースは主に幼稚園に通われているお子様に最適なコースです。
幼稚園がお休みの土曜日に午前中4時間行うレッスンです。
土曜日にランチタイムを含んだ4時間で読む、書く、聞く、話すの4つの指導はもちろんのことより生活に密着した英語を学びます。また、テーマに応じた語彙とその表現についても習得します。ひとつずつのアクティビティもゆったりと時間をとり、リラックスした雰囲気で過ごす4時間はあっという間です。

サタデーコース コース詳細

  • 対象幼児

    年中児以上のお子様

  • 授業時間

    AM10:00〜PM14:00 土曜日

  • 平日のアフターコースとの併用も可能です

サタデーコース ブルードルフィンクラスの特長

ここ数年インターナショナルプリスクールが数多く開校され、早期英語教育熱は高まるばかりです。幼児から英語を習い始めた子どもは就学前にかなりの英語力を身につけています。そして小学校入学と同時にこれまで培った英語力をどうすれば維持できるのかというのが大きな課題ともなっています。
プリスクールで養ったヒアリング力を維持しながら、語彙力、読解力をつけていくには、いかにたくさんの本を読み情報を取り入れるかにかかっています。
これまでのように楽しみながら英語を学ぶというコンセプトは残しつつ、より高度な英語運用能力を身につけてまいります。

幼稚園に通われているお子様の生活に合わせたコース

幼稚園の後のレッスンは、体力的に厳しいものがございます。そこで無理なく受けていただける午後の2時間のコースと、幼稚園が休園日の土曜日に長時間の英語環境を受けていただける土曜日のコースも開校しております。

自然に英語が身に付くイマージョン教育を実践

子供たちが、ネイティブな英語環境に長時間浸ることで、自然に英語が身に付く「イマージョン教育」を実践しています。

考える力を見に付け、学習に対する姿勢が変わります

イマージョン教育を受けた人々は、単一言語のみで学習した人よりも平均的に高い理解度を示すという調査結果が報告されています。複数言語で学習すると物事を多角的に捉え、様々なアプローチで考える力を身に付けることができるようです。

サタデーコース カリキュラム

一日の流れ
10:00〜10:30 Sing and Dance 歌とダンスの時間
Good Morning Song 朝の歌から始まりお歌、ダンスを盛り込んで英語に触れます。
10:30〜11:00 Circle Time サークル タイム
みんなで集まって英語を学びます。
Greetings あいさつ
Questions & Answers 基本的な質問
Feelings 気分の表現
Weather  天気の用語
11:00〜11:10 Tea Time お茶で休憩
11:10〜12:00 Monthly Topic 月ごとのトピック学習
毎月のトピックについてのお話やゲームのほか、新しいボキャブラリーやフレーズなどを学びます。
12:00〜13:00 Lunch Time 昼食の時間
13:00〜13:30 Phonics, Reading フォニックスと読む練習
フォニックスでは、ゲームやフラッシュカードで英語の文字と発音の法則性を学びます。 リーディングでは、単語や本を読む練習をします。
13:30〜13:50 Writing 書き取りの練習
ワークブックに沿って書き取りを練習します。
13:50〜14:00 Singing Time Good-bye Time さよならの歌
Good-bye Song を歌って、一日終了です。
サタデーコース ブルードルフィンクラス開講校
お電話でのご相談・お申し込み
各校へのお問い合わせはこちら
インターネットでの資料請求・お申し込み
資料請求はこちらをクリック

ページトップ


  • ブルードルフィンズの特長
  • ブルードルフィンズ動画
  • 資料請求
インターナショナルプリスクール
キンダーコース
  • 2歳〜3歳児対象 スターフィッシュクラス
  • 年少・年中・年長児対象 インテンシブクラス
  • 年間スケジュール・教育イベント
アフターコース
  • 年少児対象 タートルクラス
  • 年中・年長・小学生対象 ブルドルフィンズクラス
  • 年間スケジュール・教育イベント
サタデーコース
  • 年少児対象 タートルクラス
  • 年中・年長・小学生対象 ブルドルフィンズクラス
  • 年間スケジュール・教育イベント
ディプロマックスコース
  • 小学生対象 ディプロマックスコース
  • 年間スケジュール・教育イベント
アフタースクール
アフタースクール